アドセンス始めて半年後に独立。アドセンスのことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

最新の情報

顔のむくみと病気

顔のむくみは、水分を摂り過ぎたり、塩分を多く摂り過ぎたりと
日常生活の何かが原因となって起こる場合も多くありますが、

顔がむくむ原因が、体重を伴ったものの場合だと病気の場合があります。

どういう事かというと、血液中の血しょう成分が血管やリンパ管の外に
出てしまいむくみを発症してしまうもので、このように組織液が増加して
しまうことで体重増加し、病気が潜んでいる可能性が高くなるのです。

顔のむくみと関係の深い病気は、腎臓病や心臓病、肝臓病などに
多く見られます。

その中でも多いのが、腎臓病が原因となる場合です。

急性腎炎の場合、顔の部位の中でも主にまぶたの周りにむくみを
多く感じるようです。

その他の腎臓の疾患によるむくみの症状は、顔だけでなく下半身にも
むくみの症状が出るようです。

また、心臓病が原因となって起こる顔のむくみは、
心臓の働きの低下が血流の流れを弱めてしまうことが原因となって
起こります。 まずは足のむくみを感じた後に顔にもむくみの症状が
出てくるようです。

肝臓病が原因となって起こる顔のむくみの場合は、
お腹と足がまずむくみ、それに伴って体重が増加します。
その後、顔のむくみの症状が出てきます。

この他にも、甲状腺の機能低下が原因で起こる場合や、
貧血、足の静脈がつまってしまう病気などが元となり、
顔のむくみの症状が出てしまう場合があります。

顔のむくみが続いて起こる場合や、むくみと同時に尿が出にくい、
何となく胸が苦しいなどの症状がある場合は、早めに医師の診断を
受けるようにしましょう。

 ページ 7 of 10  « 最初  ... « 5  6  7  8  9 » ...  最後 » 

世界中の衛星写真を閲覧